これってどう思う?

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民になぜ知らされなの!集団的自衛権を成立させた理由

<<   作成日時 : 2014/07/02 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の国際紛争の協力は1990年の湾岸戦争まで資金援助という形で実施されてきました。
湾岸戦争では日本130億ドルアメリカ合衆国は91億ドルペルシャ湾諸国360億ドルドイツ70億ドル
日本は、どこの国より多い130億ドルにも上る資金協力を行った。
それにもかかわらず、湾岸戦争終結直後に、ワシントン・ポスト紙のクウェート解放に貢献した国の国旗の中に、金銭的貢献しか行わなかった日本は除かれていた。
こんな現状の中、日本が自衛隊を「使わない」ことは、安全保障の分野で「何も発言できない」も同然となります。
@石油資源にたよる日本にとって紛争の多い湾岸およびインド洋地域の安全保障は放置できない状況になっているのです
A近年経済の不況で以前のようにお金が出せなくなっています
このような理由から国民を犠牲にしても豊かな経済を守ろうとする政府の方針であることを自覚するべきです。
別の道として貧しくても安全な社会の方がいいと思いませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民になぜ知らされなの!集団的自衛権を成立させた理由 これってどう思う?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる